ももクロからの挑戦。

3月12日から始まったももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013 「5TH DIMENSION」。
それに先だって3月9日、「5TH DIMENSION特設サイト」が公開。

ツアー初日(大阪城ホール)のtweet、2chの書き込みを見ていると、今回のももクロが提起してきたもの(アルバム、ライブ)はかなり、挑戦的だったといえる。

2013/3/1のustream、川上マネージャー、かなこ、れにの3人語りの文字起こしをしてみた。
 
Ustreamの発言は、大人な意地悪な見方をすれば言わされているのかもしれない。でも二人はとても楽しそう。ここは勝手な想像だが、スタッフに提案されて戸惑ったのかもしれないだろうが、それこそがももクロ”と楽しんでいる様子が伝わる。戸惑いもあったろうがそれを昇華して行く様子が見てとれる。
真実はどうであったとしても、本人たちが楽しそうにやっているとこちらが受け取れるのであるから、ファンタジー(半信半疑)として成立している。であれば、それが“真実”。
 
3/1のUst 18:12分過ぎあたりから
 

かなこ 「今回に関しては、ホントね、恐ろしいね。ももクロってやっぱいつもが崖っぷちだけど。ほんと崖っぷちだと思う」

れに   「崖にも立ててない感じ。綱渡りの感じ」

かなこ 「最初って多分、ファンの人は”え?”って思うかもしれない。そういうのいつもそうじゃん。だから頑張らなきゃだめだよね。うちらが」

川上  「5次元に行くためのパーツにされちゃうんだよ」

かなこ 「今回のホントね、ただねももクロのライブ見に来ようっていって見に来てもダメだと思う」

れに  「ももクロって思っちゃダメだと思う」

かなこ 「ホント新しいものとしてみて欲しい、最初」 〔略〕

かなこ 「”うん?”ってやっぱ最初色々思う人がいると思うけど、じゃんじゃ引き込みたいよね」

れに  「引き込みたいよね」

〔略〕

 

れに 「(推され隊の衣装)若干の戸惑いがあるけど、慣れれば平気。たぶんアレは癖になるよ。ポジティブポジティブ!」 〔略〕

かなこ 「一人一人としてみないで欲しい。こういう形としてみて欲しい〔略〕」

〔略〕

かなこ 「ホントにもう、ももいろクローバーZという形として見て欲しい」

れに  「個人の、もうそういうのも捨てて新人類としてみて欲しい。新人類の形として」

川上  「なんかさ全員がビジュアルで見れるとかいう次元じゃないもんね」

れに  「今までの固定観念にとらわれないで」

かなこ 「格好いい(笑)」(れに発言に対して)

かなこ 「別物としてみて欲しいね」

れに   「推しとかあると思うけどそういうの関係なくして。推しとかあってその子ばっかり見たいのはあると思うの。だけど5次元に来るからにはそんな甘い考え許されないから」

〔略〕

れに  「(ジャケット写真、衣装みたら) やばいよ興奮すると思う。私はなった、少なくとも。なんだこれって」

かなこ 「モノノフの人は、やっぱおもしろがって欲しい。”こう来たか、ももクロ”みたいなことを思って欲しい」

れに  「”あ、そっち”みたいな。笑って欲しい」

れに  「”やばい!、でもさすがだね、あ、そっちいっちゃう”みたいな感じで思って欲しい」

 

〔略〕

 

れに  「モノノフさんてよく真似してくれるじゃん。衣装とか、着たり」 二人(笑)

れに  「スゴイ嬉しいのね、今回(笑)」

かなこ 「今回もいると思う(笑)」

れに  「ライブ会場で(爆)」

かなこ 「あれどうするんだろうね」 〜二人とも大笑い。

れに  「私たちは名付けてドリアンって呼んでるんだけど」

かなこ 「あーホント面白い(笑)」

〔略〕

れに  「会場全部ドリアンになっちゃったらやばいよね。見てみたいんだけど」

川上  「ここ最近では最高の出来だよね」

れに  「最高だよね」

かなこ 「ホント最高だと思う。めっちゃかっこいい。やっぱももクロイイなっても思う。予想できないよね」

れに  「無敵って思う」

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中