ブログ、37000アクセスに浮かれた話し。

要約:ブログアクセスが急増して、舞い上がる気持ちと治らないミーハー心というおハナシ。表現して受け止められる面白さと怖さは続けたいと思った体験。

Access graph2

1日30アクセス➡1つの記事で37,000ビュー。

今回、日曜×芸人でオードリー若林さんが号泣したことをまとめた記事をとても多くの人に見て頂けました。RTやはてブでどんどん増えていった。ありがとうございます。ひたすら嬉しいです。

自分にとっては、とても大きな出来事でした。一つの記事に限ってですけど。

始めたばかりのブログは更新もまばらだし、文章も読みにくいし、1日30ビューあればいいほう。軽くウィットにとんだ文章や、すっと入ってくる文章は書けないので、とにかく熱でナントカしようと思ってじわじわやってた。とはいっても、読んで欲しい気持ちは強くありました。それが一気に1日で26,558って。

エゴサーチをしてはニヤニヤ

記事をアップして、お知らせしまくった。記事をtwitterで乗せてくれる人が増えていった。これまでとは比べものにならない数のアクセスがあり、確認してみると、はてブに登録されていた。そこからは一気。普段30アクセスのブログが、1000、2000でもすごいのに、瞬間最大では1日26,000アクセスという、自分には天文学的数字。GunossyやGigazine、検索で「若林 号泣」などでアクセスしてきてくれていた。アクセス数を見てはニヤニヤしていた。

こうなると嬉しくて仕方がない。エゴサーチをするキーワードに、自分のブログのアドレスや、アカウント名、記事のタイトルなどで検索するということを思いつき、エゴサーチをしてはニヤニヤ。はてブもGunossyもスクショを保存。Googleで「オードリー若林」を検索すると、wikipediaの次に自分の記事が出てくる日があって、もう、うひゃうひゃしてた。NAVERまとめより上にあるじゃないか! (10/22の記念スクショ^^)

Google wakabayasi

感想をつぶやいてくれる人もいて、反応も受け取れたし、直接やりとりすることも出来た。

見てもらいたい ⇄ 宣伝するのもかっこわるい

もともと自意識過剰な僕は、「自分の知らないところでいつの間にか勝手に有名にならないもんかな」という考えを持っている、いまだに(^^;。前に出て頑張ったり批判に曝されたり自分を売り込んだりするのはどこかで格好悪いと思っているくせに、有名になりたいというあまい考え。書いてみるとなんてゲスな考えだろうと落ち込むorz。結局、子どもの頃の「有名になりたい」っていう現実味のない夢をどこか持ち続けている幼さ。あーもう、我ながらめんどくさくい自意識。

今回の記事、次の週の日曜×芸人放送時間に感想をつぶやきつつも記事のお知らせをした。きっと少し前の自分だったら、自分の書いた文章を「宣伝」するなんてことは、自分の美意識として「許せない」ことで、決してやらなかったと思う。「まだ俺は本気を出してないだけ」という言い訳をどこかに残しつつやってきたのかもしれない。

でも、今回とてつもなく楽しい番組を見れた興奮と、いろんなモノが繋がっていく興奮で盛り上がっていた。もう、“宣伝している人を見て冷ややかな目で見ている自分”には「さよならだっ!」 とまではいかないけれど、そんな自分はちょっと置いておいてお知らせした。

自分の思いが伝わってなにかが変わることの喜び

周りから浮かないように様子見ばかりしていた10代。結果浮いてはいましたが。周りが見えてきて想いを伝えることにびびっていた20代。おっさんになって、いい意味で周囲の目をあまり気にしなくなった。自分がどのように受け取られてもいいやって、ちょっと思えるようになってきた。

今回たくさんの人が まがりなりにも読んでくれたっていうのが自信になった。

そもそも自分のブログは、文章力や構成力が低いし、夜中に書いたラブレターを次の日に見ているような文章が多い。痛かったりさぶかったりする文章。それでも、今の自分の出来るレベルで表現して、曝しながらやっていくしかないと思うようになった。恐いけど。

実は前から僕のブログを読んでくれている人の中に、ダイノジ大谷さんにもいてくれた。自分の書いたものに何かを感じ入ってくれる人がいることのうれしさ

http://rubese.net/twisoq/target.php?tag=netsu&id=373661193992302592

なにより僕はこの言葉が嬉しかった。もう飛び上がりました。一線級なんてものではないけれど、同時に緊張感もやってきた。

勢い余って、ダイノジ大谷のオールナイトニッポンにメールを送った。自分のブログを読んでくれたこと、そして評価してもらったこと、大谷さんに対しての想いを伝えておこうと思って。読んで頂けてまたひゃっほーいです。

ボス、こんばんわ

人生のタイミングに加えてももクロにはまったことも重なって、何か動いていこうと思い、少しづつ行動しはじめた時期に、ボスのオールナイトニッポンが始まりました。
聞いているうちに、心の中にあるものは表現しよう、形にしようという思いがますます強まりました。
ボスよりもおっさんですが、思春期のような自信と絶望の波はまだまだうねりつづいています。

今回Twitterでブログの記事をボスに褒めていただきましたマンタと言います 。たくさんの人に自分の文章を読んでもらうことができ、とてもうれしく、そして緊張もしています。
発信することで、ボスだけでなくいろんな人のリアクションを得て考えが変わって行くことの面白さを体感しています。その機会を広げていただいて本当に感謝しています。ありがとうございます。

ボスは、いろんな人の熱をサンドバッグのように受け止め、ハブ空港のように熱を集めてはあちこちに広げる、熱の触媒だとおもっています。
これからも、自信と絶望の波にもまれて揺れ動いている人たちが、ほんの少し楽に波に乗れるような放送を続けてください。

昼間に見るとはずかしいな、こりゃ。なんかわかりにくいし。お前幾つだって感じ。もうすこし熱く冷静に書けるといいんだけど。

ミーハーは治らないや。

こんな風に書きながらもまだ、「知らないところで話題になって、あいつすげえなって言われて、有名人と会う機会があったらどうしよう」なんていう妄想は何度も何度も急角度で発射されている。打ち上げだけは成功しています。身の程を知れって事なんだけど、このミーハーさは治らないもんかね。

今回の記事だって、そもそも番組や出来事のインパクトが大きいもので、僕が何かをゼロから生み出したわけではないんだから。調子に乗ってはいけないのです。はい。

こうやって妄想は広がっちゃうけど、まがりなりにも自分で「表現」したものが誰かに受け止められるということの面白さと怖さは、続けていきたいなあ。

おつきあいありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中