ゼロ・グラビティ:この映画が不人気で、貸し切りの映画館で見れたらなあ


ゼロ・グラビティ IMAX 3D 字幕。見終わって暫くぼぉーっとしていた。ここまで余韻に浸るかというくらい浸っていた。あの行程を一緒に旅したかのような感覚。素敵な体験だった。

ひとりになってこの状況を解釈し整理する時間が欲しいと感じた。この感覚から現実に戻るための時間。棚卸しの時間。手榴弾から取り外した安全ピンを、爆発しないように戻すための時間。

それは物語の結末がショッキングだったとか話が終わっていないとかいう意味ではない。そういう結末だったのかと想像させたいわけでもない。

あの世界からきちんと今自分がいる世界に戻ってくるための時間が欲しい映画だった。こういう感覚は久しぶりだった。

確かにあそこに居た

終わってしばらくは、宇宙の、ひたすら広くて遠く深い感じと、「狭い」感覚が蘇った。今でもふとよみがえる。確かにあそこに居たと思えた。入り組んだストーリーはなく、たった一つのテーマだけがある映画。だからからこその没入感だろう。

没入感には必要不可欠な3D。けれど3Dが見所ではない。

あの音響と3Dだからこそ、あの空間にいるという気になれるし、緻密な映像に没入できる。ただ、“3Dだ”という感覚は途中から全く持たなくなり、自然とその世界に、というかその空間に入った。3Dが売りなのではなく、あの作品にとっては3Dという仕掛けが必要なだけであって見所でも何でも無い。3Dで映画館でこそ見るべき映画だけれど、3Dはあくまで必要な技術というだけ。技術や仕掛けを驚きに見に行く映画ではない。

* * *

ちなみに、あらすじはいたって簡単。地表から600キロメートルも離れた生命が生存できない宇宙。ライアン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット(ジョージ・クルーニー)がスペースシャトルで船外活動中に、想定外の事故が発生し、無重力空間に放り出される。登場人物は二人だけ。あとは無線通信の声だけ。

Gravity

ある世界とない世界を行き来する

広くて狭い世界。カメラが広い空間と狭い空間を行き来する。宇宙空間と宇宙服のヘルメットのなかを。空間の広さと奥行きを表現するために3Dの力が生きる。だからこそ「狭さ」が際立つ。さっきまで音があった世界に、ふと完全な静寂がやってくる。実際の宇宙空間は無音だということを思い出させる。

空気のない深い漆黒の闇と、皮膚感覚を持てるほどの距離の映像が交互に現れる。なので、空気がなくなる瞬間の怖さを感じられるし、荒くなる息づかいに焦る。ずっと続く緊張感と時折くる安堵の時間。孤独感と安心感を行き来する。

飲食禁止の上映回を設けてみては。

twitterではポップコーン禁止にしようという声をよく見た。

空気も音も「ない」世界だからこそ、耳に届く音に敏感になる。僕が見たときは食べる音はあまり気にならなかったが、静寂の中にある氷の擦れる音が気になった。

これだけ「体験」を感じられる映画なのだから、「飲食物を何も持たずにご入場頂く方が楽しめます」とアナウンスしてもいいかもしれないし、「この回の上映ではご飲食を制限しています」なんていう上映方法もいいんじゃないだろうか。

映画って他のエンターテインメント作品に比べると、“ライブ”でない割に金額が高いと感じてしまう。けれど、パシフィック・リムは映画館に行く意味のある映画だった。3Dで見ること、作り手の熱に触れることが体験だったし、それ自体が“お祭り”だった

映画館で見る体験をより上質なものにするために、ある制限をした方がその世界を体験できるのであれば、そういった鑑賞方法を提案してもいいと思う。

* * *

IMAX 3D 字幕で見たが、文字に気を取られるし、字幕も特定の奥行き平面上に書かれているので、世界に没入するなら吹替の方がいいだろう。パシフィック・リムをIMAX と通常の3Dで両方見たが、やはりIMAXの方が鮮明な映像だったのできっとIMAXの方がいいのだろう。

* * *

もし出来るなら、たったひとり貸し切りの映画館で見てみたい。あの空間に一人でいる状況を自分はどう感じるのだろう。ああ、この映画が不人気だったら良かったのに。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中