タモリの「なりすまし」芸が見られる木曜日のいいとも

要約:木曜の「笑っていいとも」でタモリの「なりすまし」企画がスタート。タモリは鶴瓶との対談で「なりすまし」が自分の本質だと気づき、黒柳徹子に番組化を勧められたものが企画化した。

1月9日木曜日、第7997回「笑っていいとも」でタモリのなりすまし企画 「なりすましタモリを探し出せ!タモレオン」が始まった。1月15日には8000回を迎え、3月にはいいともが終了するこの時期に、とうとうタモリの本質「なりすまし」がコーナー企画になった。

タモリとはなんぞや

広告批評26号 1981年

これはまず、日曜日のいいとも増刊号で見て欲しい。ネタバレしているので、それを見たくない方はここへジャンプを。

目次

* * *

2013年10月24日の「われらラジオ世代」、笑福亭鶴瓶との話の中で、タモリは自分の芸の本質は「なりすまし」だと言った。2013年12月27日の「徹子の部屋」では、黒柳徹子が「なりすましって番組やれば良いのにね」と発言した。
これが実現した。

ハナモゲラ語、四カ国語麻雀、寺山修司などの思想形態模写、中州産業大学教授など、タモリ芸の根幹であり集大成である「なりすまし」。そもそも山下洋輔らがホテルで騒いでいる部屋にするりと入り込んで面白さを惚れ込まれ、彼らに呼ばれて赤塚不二夫宅の居候となって、赤塚不二夫の特番が最初のテレビ出演。出自がすでに「なりすまし」。

NHKの宇宙生中継では「俺のギャグは宇宙的」と言うタモリ。「なりすまし」はタモリの本質でもあり集大成でもある。その「なりすまし」芸を3月まで毎週見られるのだ。

医者に「なりすました」1月9日のいいとも

1月9日の笑っていいとも。A、B、Cの3名がカーテンで隠された小部屋におり3人が、ボイスチェンジャーで質問に答えていく。ある分野の人に「なりすました」タモリを当てる企画。今回は医龍4主演の坂口憲二がゲストであることにちなんでか、テーマは「医者」。

A氏は「血管外科医」、B氏は「整形外科医」、C氏は「理化学研究所の医師」と自己紹介。

自己紹介からすでに、B氏の受け答えには笑いが出ており、話ぶりやイントネーションでB氏がタモリなのではという空気が共演者、会場に満ちていた。

一番好きな医療器具は何かという質問に、A氏は「メス」、B氏「注射器」、C氏「聴診器」と答える。医龍4主演の坂口憲二がまったく聞きなじみのない器具を答え、だれよりも専門家風であったほど。注射器という答えるがタモリらしいのではという雰囲気もあるが、C氏の設定も怪しい、A氏の真実味も逆に怪しいのではと悩む回答陣。

一番難しい手術を問われると、A氏は心臓のバイパス手術と答え、坂口憲二も納得の表情。Bは「全身骨折」と答えすぐさま笑いに満ちる会場。回答者達は笑いながら、どこから手術するのかと問いただすと「腰」と答え、さらに怪しさは増した。
一番嫌な患者はどういう人かと聞かれ、A氏は「傷口を不潔にする患者」、Bは「嫌いな人はいない」、Cは「ネットで薬を調べてきて、これを出してくれと言う人」と。C氏に対し、「これは現場にいる人じゃなきゃわからない」と納得する回答者。

結果、タモリはC氏であった。
実は、最初にCは、好きな医療器具を答えるときに「一番最初の経験で、聴診器ですかね」と理由も含めて答えている。理化学研究所勤務という設定も、臨床現場にいないので経験してないことを悟られないようにするためだと明かした。

俺の本当の芸は「なりすまし」

2013年10月24日の「われらラジオ世代」で、タモリは自分の芸の本質は「なりすまし」だと言った。

1975年、30歳から芸能界に入ったため、ほとんどの人が先輩になるタモリ。

タモリはこういっている。「最初悩んで。どこでなし崩しに先輩面をしなきゃいけないかは、この世界に入って75年の第一命題だった。どうやって本流の方にフワっていって同輩面し、また先輩面するか、悩んでた。でも悩んでた風も出しちゃダメだからね。悩んでた風出しちゃますます乗り遅れるから(笑)」。

鶴瓶でさえ「悩んでたん?!悩んでないようなフリはホンマにしてたよ」というが、タモリは「悩んでた悩んでた」と言う。

しかし「俺はね、我ながらうまいと思った。うまくいったと思ったよ。一番成功したのは、これは信じられないだろうけども、おれ30で入ったじゃない。33か34、入って4〜5年目でお笑いスター誕生の審査員やってたからね。4年くらいしかやってないのに審査員やってた。審査する奴全部俺よりも芸歴長い人が俺が審査して偉そうなこと言ってったんだから(笑)」と。

タモリは自分で「なりすましの名人だよな。80年代入ると完全になりすましが成功しているわけ」という。80年代にはビートたけし、明石家さんまとともにビック3と呼ばれていた。故逸見政孝氏によりビック3ゴルフマッチは年初の恒例番組だった。しかし、そのなかでは抜きんでて後輩なのがタモリ。

鶴瓶は「君臨してる様な感じで。タモリは芸人でもなく文化人でもない感じ」という。

タモリ その辺がまたうまいんだよね。なんか芸人としての評価をしようかと思うと、別に私は芸人じゃないですよって顔をする。

鶴瓶 文化人の顔もしないねん。時々、ラジオ作った人みたいになって。うまいことなりすましてやってきたよな。

そしてタモリは「だから俺の本当の芸は「なりすまし」ってやつだよね」という。

「なりすましは、難しいです」

2013年末の徹子の部屋。

マンデラの手話通訳がデタラメだったことに触れ、タモリは「性格的に全く自分と同じ」だという。
黒柳徹子も「タモリさんって、最初にうちにきた時ああいう感じだった」と。タモリは、2回目のテレビ出演が徹子の部屋。赤塚不二夫の特番に出て素人のままで徹子の部屋に登場。黒柳徹子も「あなたも何もおっしゃらなかったしね」と言う。それからタモリは38年続いている「徹子の部屋」に37年出ている。

徹子の部屋2013/12/27 タモリ

徹子の部屋2013/12/27 タモリ


「最近自分のことがようやく分かったけど、なりすましって奴なんです」と言い、タモリは「なりすまし」の手法を披露している。

なりすましは普段から練習が必要だと言う。タクシーに乗って、タモリだとばれているかどうかをまず探る。ばれていなければ運転手が自分に対してどういう奴だと思っているかを探りながら、それに合わせていく。流れで建材の話しになればそれに合わせ、話の流れでダイナマイト技師に「なりすます」。

「なりすまし」は人生にとっての収穫のない「徒労」

「なりすまし」の中身によっては、その場所でタクシーを降りれない場合もあると。鉄鋼関係になりすました場合、関係ない会社の前では降りられなくなる。

ダイナマイトの分野には詳しいのとかと黒柳徹子に聞かれ、「必死で知識を集めてそれらしきことを言ってなりすますんです」と答えるタモリ。新聞はほとんど目を通すが、勉強のためではなく「なりすまし」の材料を集めるために見ていると話す。「なりすましは簡単ではない、難しいです」と笑う。

なりすましのときは声としゃべり方を変える。医者は声を低く、田舎のじじいの時は高めの声で方言を交える。ある地方出身者になりすまし、その近辺のことを聞かれた場合にどうするか。「その想定もしている。暇があれば全部時刻表と地図を見ている。何市の隣には何市がある、何駅は何駅のどの辺にあると。そうでないとなりすましはできない」と。

こういった「なりすまし」が人生にとっての収穫があるのかと聞かれると、「なんにもないですね。徒労ってやつですかね、ヒヤヒヤドキドキして」とタモリは笑う。

時刻表は鉄道好きだから見ているだけだろうにと心の中で思いつつも、タモリはすべての経験と技量をなりすましの「徒労」に使う。そういった「なりすまし」芸師範のタモリからみると、ネルソンマンデラ氏葬儀の手話通訳者は「手話のパターンが3つくらいしかなかった」という。彼はおそらく「なりすまし」へのエネルギー動員がたりなかったのだろう。

「俺のやることに意味なんかないんだよ」

「なりすます」という、人生にとっての収穫のない徒労に精力を傾けるタモリ。

国語の授業でこの作者は何が言いたかったのかという問いが今でも不思議に思うというタモリ。「作者は、別にそれほど言いたいとは思っていないかもしれないし。たとえば、ただ、おもしろいものを書きたいだけで」と。「意味の世界はきらいなんです」という。(ほぼ日刊イトイ新聞 – はじめてのJAZZ)

確かに、人間はいつも意味のある行動ばかりするわけではない。感覚の世界をすべて言葉にすることは出来ない。エンターテインメントは感覚が大切な世界であり、言葉にするとこぼれていくものが多い。

「意味があるかないか」という問いが積み重なっていくうちに、「唯一の正しさ」を作り出してしまうかもしれない。そこには面白さや楽しさ、おかしみはない。もしかするとそんなことを考えているのかもしれない。

「笑っていいとも」の「なりすまし」企画は、どれも本物に思えるしどれも偽物のようにも思えてくる。何が正しいかがよく分からなくなる。8000回というとてもたいそうな節目を前に、「意味」や「正しさ」とはなにかにクラクラとしながら、「権威」とは無縁の企画が始まった「笑っていいとも」。8000回という節目もタモリは淡々とすごすのだろう。まさに一番非常識なタモリが常識という空気感満載の「笑っていいとも」にいる凄さを感じさせる。

タモリはこうやって「意味のつながり」を断ち切ろうとしていく。凡人の自分はテキストを繋いで意味を探ってしまうのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中